印鑑(実印)の決まり

実印は住所地である市区町村役場で印鑑登録を行なったハンコのことをいいます。法的な効力を有しており、マイカーの購入、マイホームの購入、保険金の受け取り、遺産相続といった重要な契約の締結時に、印鑑証明書と一緒に必要になるものです。

役所に印鑑登録をするハンコは、実はどのようなものでも良いというわけではありません。サイズなどに関するルールが決まっているため、注意が必要です。具体的な印鑑の決まりごとは市区町村別に多少は異なる部分がありますが、印影が8mm以下、25mmを超えるものは登録することができません。また、ハンコに彫り込まれている文字が住民票と一致していないもの、ゴム印などの形が崩れやすい材質のもの、自己流の崩した字や判読ができないものといったものも登録不可とされています。

ルールに反しているものは、どんなに高価な印鑑であっても登録することは認められません。認印など別の目的で使用するハンコにするしかないでしょう。実印を購入する際には、市区町村で決まっているルールにしたがっているものでなければいけません。不安な人はお住まいの地域の役場に問い合わせるなどしておくと失敗がないでしょう。

このことが実印選びの最も基本的なことといえるのですが、当サイトではほかにも実印選びのポイントを紹介しています。また、実印をどこで購入するのがおすすめなのか、この情報も提供しますので、実印が必要になって選び方や購入方法が気になっている人はぜひ別のページの内容もチェックしてみてください。