未分類」カテゴリーアーカイブ

実印の購入方法

従来は印鑑屋に行ってハンコをつくるのが当たり前でしたが、いまはオンラインショップを開店している印鑑屋が多く存在しています。インターネットに接続可能な環境が整っていれば、24時間365日、好きなときに印鑑選びや注文をすることが可能です。

ショップの選び方ですが、価格の比較はしたほうがいいです。同じチタン、象牙の材質でもショップによって値段の安い、高いがあるためです。支払方法も、たとえばクレジットカードがあったとしても、自分の使用しているカード会社に対応しているとは限らないため、必ず確認してください。また、ネット通販では送料手数料がかかることが多いです。たった一度のハンコ購入でも、余計な費用をかけたくないという人は、送料手数料が無料になるところを候補にしましょう。そのほか、実印が届くまでに要する日数も、チェックしておきたいところです。とくに急いでいる人は発送が早いところを選びましょう。

なお、実印は重要な契約で使用する印鑑ということで、偽造がこわいという人もいるでしょう。そのような不安が強くある人は、手書き・手彫りのショップで印鑑のオーダーメイドを検討してみてはいかがでしょうか。手彫りの印鑑はパソコンフォントや機械彫りの印鑑と比べて偽造されにくいだけでなく、欠けにくいなど性能面でのメリットもあります。

参考HP〔印鑑を通販しているいいはんこやどっとこむ
チタンや象牙、柘など印鑑の素材が豊富です。

実印の選び方

印鑑には印鑑材と書体、サイズがあります。実印を購入する際にはどういう材質、字体、大きさが良いのでしょうか。

まず印鑑材ですが、実印というのは一度登録してしまうと、長年のあいだ同じハンコを使用し続けることになります。実印の使用機会は決して多くはありませんが、長持ちする印鑑材を使用することをおすすめします。耐久性に優れている材質としておすすめなのはチタンです。チタン製の印鑑は落下した程度で欠けることがなく、半永久的に印面が減ることがないという最高レベルの耐久性能を有しています。象牙も耐久性能に優れており、見た目の高級感もありますが、チタンに比べると割高になりやすいのが難点ではあります。

次に書体ですが、印相体(いんそうたい)や篆書体(てんしょたい)を選ぶ人が多いです。ハンコ屋のWEBサイトなどで書体のサンプルが掲載されていますので、確認してみると良いでしょう。

最後に印鑑のサイズですが、実印は8mm以下のもの、25mmを超えるものを登録することは認められていません。したがって、この範囲内におさまるものを購入しなければいけないわけですが、多くの男性に選ばれているのは15.0mmと16.5mmの印鑑で、多くの女性に選ばれているのは13.5mmと15.0mmの印鑑です。